岩山に建てられた天空寺院!バガンのポッパ山に登ろう

2泊3日のバガン観光。ミャンマーの土着信仰である「ナッ信仰」の総本山・ポッパ山をご紹介します。頂上のタウン・カラット(岩山)には寺院があり、ギリシアのメテオラを彷彿とさせる人気観光地です。

オールドバガンからポッパ山へ

ポッパ山はバガンの南東にある玄武岩でできた火山です。

私はオールドバガンのホテルに泊まっていたので、そこからタクシーでポッパ山に移動しました。約1時間30分かかります。

ポッパ山道中にある小屋

ポッパ山に向かう道中、道の駅っぽい場所に寄り道。

油を引く水牛

お酒を造る女性

油を引く水牛やお酒を造っているところを見学しました。

ポッパ山道中にあるお土産屋

露店で黒砂糖のようなお菓子(写真左奥)を1,000チャットで買いました。

いざ、ポッパ山の山頂へ!

ポッパ山入り口付近の露店

ようやく山麓まで到着。露店がたくさんあり、賑わっています。

ポッパ山入り口

建物の入り口には白象が2体。奥に見えるのがタウン・カラット(岩山)です。標高は1518mです。

仏教が普及する前から存在していたナッ信仰。「ナッ」とは非業の死を遂げた者の霊だとされています。どこか、日本の神道と通じるものがありますね。

ポッパ山1

靴を預けて、裸足で登頂スタート。寺院は神様の場所なので土足厳禁なんだそうです。ちなみに、入山料は取られませんでした。

ポッパ山2

長い長い階段を登っていきます。たまに猿の糞を踏むことがありますが、そんなことどうでも良くなるくらい疲れます。暑いので水分補給しながら、よいしょ、よいしょと。

ポッパ山の猿

ポッパ山には猿がたくさんいます。屋根を走り回っていたり、階段の真ん中で寝ていたり。こんなかわいい顔して凶暴です。

猿と目を合わせないように注意していたものの、来る途中に買った黒砂糖のお菓子を狙って飛びかかってきました。エライ目にあった…

ポッパ山3

途中に仏像がいくつもありますので、お祈りしながら登ります。500ks〜1000ks持っておくと良いです。

ミャンマーの寺院で面白いのは、LEDでピカピカに飾っているエキセントリックな仏像を見られること。ありがたいのか、ありがたくないのか分からないです。

ポッパ山の仏像

仏像にはスイッチが付いて、何も考えずにポチッと押すと仏像がLEDでピカピカに。

すると近くのお兄さんがスタスタとこちらに歩いて来て「電気を付けたら1,000チャット払ってください」と言う。私にご利益があるように1時間付けっぱなしにしてくれるそう。

んんん、なんでもかんでもスイッチ押さないように!

ポッパ山のボー・ミン・ガウン1

仏像だけではなく、聖人ボー・ミン・ガウンの人形が祀られています。生前は煙草やお酒が好きだったので、お酒やタバコを供えると願いごとが叶うそうです。

どんな人物なのかミャンマー人の知人に聞いてみたのですが、謎でした…超能力が使えるらしい?また今度行った時に詳しく聞いてみようと思います(笑)

ポッパ山の山頂からバガンを一望

ポッパ山山頂1

ポッパ山山頂32

苦労して山頂に到着。天気も良く、バガンが一望できて最高です。

ポッパ山山頂3

広場にはベンチもあり、ミャンマー人や観光客が休憩しています。

ポッパ山山頂4

山頂には小さな部屋があり、ぐるっと360度に八曜日の守護動物が祀ってあります。

自分の生まれ曜日の守護動物の前でお祈りします。ちなみに、私は木曜日のねずみです。

まとめ

寄り道しながら山頂まで登り、戻ってくるまで約3時間。麓に戻ってくる頃には、疲労で脚がガクガクでした。

山頂からの眺めはもちろん、登っている途中に楽しめるポイントもたくさんあります。体力に自信のある方はぜひポッパ山に登ってみてください。

ポッパ山のボー・ミン・ガウン2

帰り道に発見した巨大なボー・ミン・ガウンと写真を1枚。

ミャンマーツアーを探す

 JTBでミャンマーツアーを探す

 H.I.Sでミャンマーツアーを探す

この記事をシェアする

気に入ったらフォローをお願いします!

ページトップへ