ミャンマーに行ったら買いたい おすすめお土産13選

ミャンマーのお土産にはどんなものがあるの?実はバラエティ豊かな名産品がたくさんあります。主要観光地であるヤンゴンやバガンで買える、おすすめの雑貨や食べ物をご紹介します。

目次

  1. フクロウの置物
  2. ピッタインダウン
  3. 神様のフィギュア
  4. 木製の民族人形
  5. 民族人形のキーホルダー
  6. チンロンのキーホルダー
  7. 木製マグネット
  8. 砂絵
  9. 布絵
  10. ビルマ暦のカレンダー
  11. タナカ
  12. 白いクッキー
  13. ラペイエ(インスタント紅茶)
  14. ミャンマーのお土産どこで買う?
  15. まとめ

フクロウの置物

縁起物のフクロウの置物です。オスとメスを一緒に置くと、幸せを運んでくれると言われています。風水好きな方に喜ばれそうですね。

フクロウの置物

ピッタインダウン

優しい表情が特徴的なミャンマーのだるまです。長いまつ毛、ピンクの頰、真っ赤な口紅が、女性らしくてかわいらしいです。

ピッタインダウン(ミャンマーのだるま)

神様のフィギュア

透明なプラスチックケースに入った神様のフィギュアです。おもちゃのように見えますが、ミャンマー人はタクシーの運転席に置いたり、家で祀ったりするようです。

ミャンマーの神様のフィギュア

木製の民族人形

カラフルな木製の民族人形です。各民族の特徴がうまく表現されています。黒地に白い斑点が付いた衣装を着ているのはカチン族(写真上段中央)、帽子の端が垂れているのはビルマ族(写真上段右側)です。

ミャンマーの木製の民族人形

民族人形のキーホルダー

どことなくキューピーに似ている民族人形のキーホルダーです。愛嬌のある表情とカラフルな配色が印象的です。

ミャンマーの民族人形のキーホルダー

チンロンのキーホルダー

ミニチュアサイズのチンロン(籐球)が付いたキーホルダーです。チンロンとはミャンマーの国技または試合で使用する籐球の呼称です。

チンロン(籐球)のキーホルダー

▼関連記事

華麗な足技に注目!ミャンマーの伝統スポーツ「チンロン」がすごい

木製マグネット

木彫りの木製マグネットです。チープですが味のある一品です。割れやすいので持ち帰る時は注意しましょう。

木製マグネット

砂絵

ミャンマーの仏塔や民族がモチーフの砂絵。主要な観光名所であるシュエダゴン・パコダやチャイティーヨー・パゴダがおすすめです。

ミャンマーの観光地を描いた砂絵

▼関連記事

ライトアップする黄金の仏塔!ミャンマー・ヤンゴン定番の観光地シュエダゴン・パゴダ

布絵

八曜日の守護動物が描かれた布絵です。額に入れて飾りたい一品です。バガンに行くと路上で布絵を描いてる人を見かけます。

八曜日の守護動物が描かれた布絵

▼関連記事

ミャンマー・バガン遺跡の絶景夕日スポット!シュエサンドー・パゴダへ行こう

ビルマ暦のカレンダー

一週間が八曜日に別れたカレンダー。ミャンマーの伝統的な暦は八曜日あり、それぞれの曜日に守護動物が決まっています。日本の干支のようなイメージですね。カレンダーに付いている赤丸は満月の印です。日付が縦に並んでいるのも不思議ですね。

ビルマ暦のカレンダー

タナカ

ミャンマーの伝統的な化粧品です。タナカ(固形)、研ぎ石、タナカの木がセットになっています。日焼け止めの効果があり、ミャンマー人が頰を白く塗っているのを見かけます。

ミャンマーの伝統的な化粧品 タナカ
ミャンマーの伝統的な化粧品 タナカのセット。左から、タナカ(固形)、研ぎ石、タナカの木。

白いクッキー

ココナッツミルク風味の甘いクッキー。しっとりとした食感が癖になるお菓子です。

パッケージに書かれているビルマ語はシュエバズンと読み、「シュエ」は黄金、「バズン」は海老を意味しているようです。

シュエバズンのクッキー

ラペイエ(インスタント紅茶)

ミャンマーの紅茶です。練乳がたっぷり入っていて甘いのが特徴的です。緑色のパッケージで「Royal」という商品が有名です。

ラペイエ(インスタント紅茶)

▼関連記事

甘党におすすめ!ミャンマーの紅茶「ラペイエ」

ミャンマーのお土産どこで買う?

ミャンマー旅行・観光のお土産を買うなら、ボージョーアウンサンマーケットがおすすめです。主要観光地ヤンゴンにある国内最大の市場です。旅の思い出や喜ばれるお土産が見つかると思います。

▼関連記事

雑貨好き必見!ミャンマーで定番のお土産スポット、ボージョーアウンサンマーケット

まとめ

いかがでしたでしょうか?ミャンマーには魅力的なお土産がたくさんあります。お土産選びの参考にしてみてくださいね。

大手旅行サイトでツアーを探す

エクスペディア

ツアーを探す

近畿日本ツーリスト

ツアーを探す

この記事をシェアする

気に入ったらフォローをお願いします!

ページトップへ