品川のミャンマー大使館で観光ビザ(査証)を申請・取得する方法まとめ

ミャンマーへ渡航する際はビザ(査証)が必要です。手続きは他の国に比べて面倒なため、ミャンマーの観光ビザ申請・取得までの流れをまとめました。東京・品川にあるミャンマー連邦大使館で直接ビザ申請する方法を紹介します。

目次

  1. ミャンマービザの種類
  2. ミャンマー連邦大使館への行き方
  3. 観光ビザ申請・受取方法
  4. 大使館以外での申請・取得方法
  5. まとめ

ミャンマービザの種類

ミャンマーのビザは13種類あります。ミャンマー連邦大使館の公式サイトによると、外交・公用ビザ、観光ビザ、商用ビザ(ビジネスビザ)、ソーシャルビザ、宗教ビザ、通過ビザ、国際機関関係者ビザ、就労ビザ、教育ビザ、報道関係者ビザ、乗務員ビザ、ワークショップ・セミナー・会議・研究ビザが存在しています。

観光ビザの申請料は5,200円、滞在可能日数は最長28日です。有効期限は発行日から3ヶ月以内となっています。

 ヤンゴン現地ツアーを探す

種類滞在可能日数滞在延長申請料(円)※2
外交・公用ビザ
観光ビザ28日不可5,200
商用ビザ(シングル)70日6,200
商用ビザ(マルチプル)3ヵ月21,900
商用ビザ(マルチプル)6ヵ月42,800
商用ビザ(マルチプル)1年63,700
ソーシャルビザ(シングル)70日6,200
ソーシャルビザ(マルチプル)3ヵ月16,700
ソーシャルビザ(マルチプル)6ヵ月32,300
ソーシャルビザ(マルチプル)1年48,000
宗教ビザ(シングル)70日6,200
宗教ビザ(マルチプル)3ヵ月16,700
宗教ビザ(マルチプル)6ヵ月32,300
宗教ビザ(マルチプル)1年48,000
通過ビザ24時間不可3,100
国際機関関係者ビザ(シングル)70日6,200
国際機関関係者ビザ(マルチプル)3ヵ月21,900
国際機関関係者ビザ(マルチプル)6ヵ月42,800
国際機関関係者ビザ(マルチプル)1年63,700
就労ビザ70日6,200
教育ビザ(シングル)90日6,200
教育ビザ(マルチプル)3ヵ月21,900
教育ビザ(マルチプル)6ヵ月42,800
教育ビザ(マルチプル)1年63,700
報道関係者ビザ28日不可5,200
乗務員ビザ(シングル)90日6,200
乗務員ビザ(マルチプル)3ヵ月21,900
乗務員ビザ(マルチプル)6ヵ月42,800
乗務員ビザ(マルチプル)1年63,700
ワークショップ / セミナー
会議 / 研究ビザ
28日研究ビザのみ可5,200

※1 上記は2017年6月時点の情報です。
※2 手数料を含む。

ミャンマー連邦大使館への行き方

ミャンマー連邦大使館はJR品川駅から徒歩15分ほどの場所にあります。北口(高輪口)を出て南に進み、御殿山庭園または原美術館がある路地を抜けると大使館の門があります。署名をして中に入りましょう。

〒140-0001 東京都品川区北品川4丁目8−26
電話番号:03-3441-9291
Fax:03-3447-7394
申請時間:月~金 9:00~12:00
受領時間:月~金 15:30~16:30
休館日:日本とミャンマーの祝祭日※後述
ウェブサイト:http://www.myanmar-embassy-tokyo.net

2017年の休館日の詳細は以下のとおりです(*はミャンマーの休日)。

日付曜日備考
1月4日水曜独立記念日 *
1月9日月曜成人の日
2月11日土曜建国記念日
2月12日日曜連邦の日 *
3月2日木曜農民の日 *
3月20日月曜春分の日
3月27日月曜国軍記念日 *
4月13日木曜水祭り *
4月14日金曜水祭り *
4月17日月曜ミャンマー新年 *
5月3日水曜憲法記念日
5月4日木曜みどりの日
5月5日金曜こどもの日
5月10日水曜カソン満月 *
7月17日月曜海の日
7月19日水曜殉難者の日 *
8月11日金曜山の日
9月18日月曜敬老の日
10月4日水曜タディンジュ満月 *
10月5日木曜タディンジュ満月 *
11月3日金曜文化の日 | タザウモン満月 *
11月23日木曜勤労感謝の日
12月23日土曜天皇誕生日
12月25日月曜クリスマス *
12月30日土曜年末年始休暇 *
12月31日日曜年末年始休暇 *

大使館での申請・受取方法

申請と受取の計2回大使館に行く必要があります。申請時間(書類提出)は午前中のみ。ぎりぎりの時間に行くと混んでいることもあるので余裕をもって行くことをおすすめします。

ビザ申請料金の支払い方法は銀行振込のみです。インターネット、ATMでの振込が不可なので注意が必要です。分からない場合は窓口で尋ねると丁寧に教えてくれます。

申請時に必要な書類は以下の4つです。

  • 観光ビザ申請書
  • カラー証明写真(サイズは3.5×4.5cm)
  • パスポート
  • ミャンマー滞在中のスケジュール表

ミャンマー連邦大使館の公式サイトから観光ビザ申請用紙がダウンロード(Excel、PDF)できます。記入例・書き方のサンプルもあるので参考にしてください。

スケジュール表は出入国のフライト情報、宿泊先、訪問先などを記入します。申請時に宿泊先が確定していない場合、ミャンマーで宿泊予定のホテルを書いておきましょう。あまり細かく書かなくでも大丈夫でした。親族や知人の家に泊まる、いわゆる民泊は禁止されているので注意してください。

 ミャンマー旅行・ツアーを探す

※上記は2017年6月時点の情報です。情報が変更される可能性があるので、必ず公式サイトで最新の情報を確認してください。

大使館以外での申請・取得方法

郵送、e-Visa、アライバルビザ(Visa on Arrival)を利用できます。

郵送の場合は、日本郵便のレターパックプラス(全国一律510円)を利用します。詳細はミャンマー大使館の公式サイトを参照してください。

e-Visaの場合は、ミャンマー政府公式サイトから申請できます。ビザ申請を代行してくれるツアーもあるので利用してみるも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?筆者は経験者に聞きながらビザ申請・取得したのですが、それでも分かりづらいことがいくつかありました。この記事が参考になれば幸いです。

 ヤンゴン現地ツアーを探す

ミャンマーツアーを探す

 JTBでミャンマーツアーを探す

 H.I.Sでミャンマーツアーを探す

この記事をシェアする

気に入ったらフォローをお願いします!

ページトップへ