ミャンマーでWiFiを使おう!ヤンゴンのホテルで利用できる一押し公衆無線LANスポット

ミャンマーでもWiFiが使えます。海外への出張や旅行にはインターネットは欠かせないですよね。そこで筆者がミャンマーのヤンゴンで利用した一押しのWiFiスポットを紹介します。

目次

ミャンマーのWiFi・インターネット事情

総務省のデータによると、2015年時点のブロードバンド普及率は0.3%。加入者数は約19万人です(出典: 総務省 世界情報通信事情)。

ミャンマー郵電公社(MPT)、Yadanaporn Teleport(YT)などのISP事業者がサービスを提供しています。ただし、通信速度はまだまだ速いとは言えません。

ミャンマーでインターネットを利用する方法

インターネットを利用する方法としては、国際ローミングサービス海外用WiFiレンタル観光客向けSIMカード公共施設の有料・無料WiFiなどがあります。

国際ローミングなら、日本の大手キャリアであるKDDIの「GLOBAL PASSPORT」やNTTドコモの「WORLD WING」などのサービスが使えます。

海外で使えるポケットWiFiのレンタルなら、イモトのWiFiが有名ですね。ネット予約すると事前にレンタルのセットを郵送してもらえて、帰国した空港で返却することができます。少し割高ですが電源の変換プラグやモバイルバッテリーも一緒にレンタルできました。

ミャンマーで使えるイモトのWiFi

MPTが観光客向けSIMカードを販売しているので、現地で購入して利用することも可能です。

MPT、旅行者用SIMカード発売

公共施設での利用なら、ヤンゴン国際空港や一部のホテルなどでWiFiが使えます。

おすすめの無料WiFiスポット「スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン」ホテル併設カフェ

スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン
スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン併設カフェ

ボージョーアウンサンマーケットとスーレー・パゴダの間にある五つ星のラグジュアリーホテル「スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン(旧名トレーダーズホテル)」。ホテルに併設されているカフェで無料のWiFiが使えます。速度も他の場所と比較するとかなり良いのでおすすめです。

宿泊しなくても利用でき、涼みながらインターネット環境ができるので快適です。内装も高級感があって素敵。

住所:223 Sule Pagoda Road, G.P.O. Box 888, Myanmar
電話番号:(95 1) 242 828
Fax:(95 1) 242 800
ウェブサイト:http://www.shangri-la.com/jp/yangon/suleshangrila/

スーレー シャングリ・ラ ヤンゴンの宿泊プランはこちら

スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン

コーヒーは3ドルからと、ラグジュアリーホテルだけあって他のお店に比べると少々高かめ。ただし、環境はとても良いので値段相応という感じでした。料金はチャットではなくドルでの支払いになります。

スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン

WiFiのパスワードは従業員に声をかけると教えてもらえます。

プリンターも無料で利用できます。日本なら当たり前ですが、ヤンゴンでこのおもてなしにびっくりしました。さすが高級ホテル。

予算に余裕がある方は宿泊してみてはいかがでしょうか?

ミャンマーツアーを探す

 JTBでミャンマーツアーを探す

 H.I.Sでミャンマーツアーを探す

この記事をシェアする

気に入ったらフォローをお願いします!

ページトップへ